第八回「高徳院(大仏)〜長谷の灯り」

 

「鎌倉で出会うこころの癒し」第8回目は「高徳院」です。

一瞬、どこ?と思われるかもしれませんが、

鎌倉で最も有名な「大仏さま」があるお寺が高徳院です。

8月のお盆が過ぎた一週間、

大仏さまのある長谷では「長谷の灯り」というイベントが開催されます。

高徳院をはじめ計8箇所で18:30〜20:00の間ライトアップされ、

長谷の街は幻想的な雰囲気に包まれます。

それぞれの会場でイベントもあったりと、

素敵な夏の夜を味わうことができるとっておきの一週間です。

暑い毎日ですが、

夕涼みを兼ねて普段では見られないライトアップされた優しいお顔の大仏さまを見ると、

暑くてカッカきている気持ちも穏やかになれそうですね。

 

そう言えばこの頃、

世の中の事件はイライラしたり、

カッカしたり…怒りの情動を抑えられずに起こした事件が多いような気がします。

 

 

最近「アンガーマネジメント」という言葉をよく聞くようになりましたが、

怒りをどう鎮めるか、

どうコントロールするかに興味を持つ人も増えてきたように思います。

怒りとは人の感情です。

そしてそれをコントロールしマネジメントするのは理性です。

「怒り」は脳の大脳辺縁系という部分が司っているのですが、

怒りは自然発生的なものなので、それ自体を防ぐことは不可能です。

一方その怒りを鎮める「理性」は前頭葉が司っています。

しかし前頭葉が怒りを抑えるために機能するにはタイムラグがあるそうです。

理性が本格的に働きはじめるには時間が必要なんですね。

よく「怒りを鎮めるために6秒数える」と言われますが、

この6秒ルールはそのためだそうです。

怒りを鎮めたければ、

まずは何とか時間を稼ぎましょう。

時間の稼ぎ方もいろいろあります。

深呼吸をしたり、ちょっと水を飲んだり、

窓の所へ行って新鮮な空気を吸ったり…

とにかく他のことに意識を向けると良いそうです。

 

 

そもそも人間はなぜ怒るのでしょうか。

人が怒る時は「攻撃」とともに「不快感」や「恐怖」を伴うそうです。

攻撃とはまさに身を守るためのものなので、

他者に対して怒るというのは、

その他者から身を守りたい…つまり何かの点で不快に感じたり、

恐怖に感じているために身を守る必要がある訳です。

例えば、子供に「勉強しなさい!」と怒る…

その裏には身を守るために、

どんな不快感と恐怖が潜んでいるのでしょうか?

「子供の将来を心配してる」と言いつつ、

「勉強しないと良い学校に行けない。親や周りの友達に何と思われるだろうか…」

という囚われや不快感、恐怖があったりしませんか?

 

 

夫が家事を手伝わないので怒る…

その裏には「疲れている私の気持ちを誰もわかってくれない。私は大切にされていない」

などの不安が隠れているのかもしれません。

怒りの奥底には自分の中のネガティブな考えなど、

様々な思いが潜んでいるのです。

6秒ルールで理性が働きを取り戻したら、

今度は落ち着いた時に、

怒りの中にある自分自身の不快な気持ちや恐怖を辿ってみてください。

そして攻撃の中にある弱々しく恐怖に怯えた自分を見つけてあげてください。

まずはそんな弱々しい自分に「そりゃあ怖いよね。不安だよね。」と、優しい声をかけてあげましょう。

そのあと、もう少し理性を働かせて、

何かに怯えている自分の中にある自分自身が密かに作り上げてきてしまった

「考え方」「物事の受け止め方」を見つけてみましょう。

その「考え方」や「物事の受け止め方」が怒りという

感情で自分を縛ったり苦しめている様なら、

手放さなくてはいけません。

 

 

ある会社員の方が、

会社の周りの人に対して攻撃的な怒りを抑えられなかったのですが、

その怒りの奥に「評価を落としたくない。

落としたら会社に居られなくなるかもしれない。

もし会社を辞めさせられたら生きていけない」という

「恐怖」と「恐怖に囚われた考え」を見つけました。

その後、カウンセリングを進める中で

「もし会社を辞めたとしても、いろんな生き方がある」

と思えた時に「怒り」を手放せたそうです。

いろんな人とお話しをして、

物事には様々な見方があることに気づいていけると、

自分の囚われや考え方…そして怒りを手放せるかもしれないですね。

ライトアップされた大仏さまのお顔を見ながら、

夏の夜を自己探求の機会にしてみてください。

夕暮れから日没〜夜と、

少しずつ変化する大仏さまを見ていると、

日中には味わえない世界観を感じることが出来るかもしれません。

夜遅くまでゆっくりお寺の中に居られる滅多にない機会。

どうぞ足を運んでみてくださいね。

長谷にはkey memoryさんもありますね。

また違った物の見方をゲット出来るかもしれませんので、

ぜひお話しをしに、気軽にお店を訪ねてみてくださいね。

 

 

KEY MEMORY KAMAKURA STORE

キーメモリー鎌倉長谷

住所:〒248-0016

鎌倉市長谷2-15-7

営業時間:10:00~18:00

TEL:0467-91-0719

定休日:水曜日(2019年9月より定休日なし)

 

 

鎌倉で出会う心の癒しの最新記事8件

>KAMAKURA STORE(鎌倉店)

KAMAKURA STORE(鎌倉店)

"鎌倉生まれのKEYMEMORY"の直営店。 「KEYMEMORY KAMAKURA STORE」 KEYMEMORYは「思い出」をテーマにしたファッションブランド。メンズ・レディース共にサイズがあるユニセックスブランドで、KAMAKURA STOREでは、雑貨などのセレクト商品や、店舗限定の商品も取り扱っています。

CTR IMG