第三回「スターバックス鎌倉御成町店」

第三回「スターバックス鎌倉御成町店」

 

鎌倉で出会うこころの癒し」第3回目にご紹介するのは,

スターバックス鎌倉御成町店」です。

ここは鎌倉駅西口を出て徒歩3分くらいのところ、鎌倉市役所の向かい側にあります。

 

 

鎌倉駅西口界隈は小町通りのある東口に比べて静かで落ち着いていて、

ポツポツとお洒落なお店や気の利いた飲食店も有り「大人の鎌倉」といった雰囲気があります。

さて、今回スターバックス鎌倉御成町店を癒しスポットとしてご紹介した理由は、

このお店にある素敵なプール付きのお庭にあります。

 

 

4月中旬から下旬にかけては(もう時期が過ぎてしまいましたね…ごめんなさい)お庭にある藤棚の藤が一面に咲いて、

一枚の絵のような風景を見ることが出来ます。

それを眺めながらコーヒーを飲むと心からゆったりとした贅沢な気持ちになります。

都会のスターバックスとは一味違った、静かでゆっくりとした時間が流れるような風情のある場所になっています。

 

 

今回、私はこの場所で友達と待ち合わせをしていたのですが、

ずいぶん時間が過ぎても来ず…連絡も取れない状況。

せっかく素敵な空間に心癒されるはずが、

実は内心イライラが募っておりました。

こんな気持ちにはあまりなりたくないですよね。

こういう時、私はこんな風に考えるようにしています。

「他者や環境など、外から受けるストレスを自分では変えることは出来ない…でも、この状況に対してどう考え、どう行動するかの決定権は私にある」と。

 

 

何だか小難しいことを言いましたが、

つまり…「友達が遅刻してなかなか現れない」というストレス状況は変えられないものだけれど、

友達を待つ」のか、「もう待たないで帰る」のか、という選択は自分が主体で決めていいものなのだということです。

そしてもし「待つ」と決めたのなら、それは自分の意思決定で待っている訳で、

決して「友達に待たされてしまった」訳ではないのです。

私たちはついつい他者や環境を主語にして捉えがちです。

「○○さんが、✖️✖️をしてくれない」

「会社(家庭、学校)がひどい」など、

いろんなストレスを他人のせいにしてしまいます。

実際、それはもっともなことだったりします。

でも他者や環境を主語にして物事を捉え過ぎると逆にイライラは募ります。

それは自分ではどうしようもないこと、変えられないものだからです。

 

 

そこを少し変化させて、

自分を主語にして物事を捉え直してみる…

「○○さんが✖️✖️しない状況に対して、私はこうする!」

「ひどい環境だけれど、それに対して私はこう考え、こうしていく!」と切り替えてみる。

その状況に対する主導権、人生の決定権は私にあると考えて少し行動してみると、

意外に自分の心の中で折り合いがつき、ネガティブな感情も静まるかもしれません。

スターバックスのコーヒーをゆっくり飲み、藤棚のお庭を眺めながら

「私は友達を待つ」と決め、

むしろ一人でゆっくりできる時間が持ててラッキー…などと思いながらイライラを治め、

心静かに過ごしてみました。

皆さまも機会があれば、ぜひ実践してみてくださいね。

 

鎌倉で出会う心の癒しの最新記事8件

>KAMAKURA STORE(鎌倉店)

KAMAKURA STORE(鎌倉店)

"鎌倉生まれのKEYMEMORY"の直営店。 「KEYMEMORY KAMAKURA STORE」 KEYMEMORYは「思い出」をテーマにしたファッションブランド。メンズ・レディース共にサイズがあるユニセックスブランドで、KAMAKURA STOREでは、雑貨などのセレクト商品や、店舗限定の商品も取り扱っています。

CTR IMG